2世帯3世代住宅をローコストで実現

tujimura1.jpg

<コンセプト>
・3世代、2世帯家族のためのローコスト木造住宅。
・親世帯の将来的な介護も視野にいれた計画。
・情緒のある町並みに配慮した外観デザイン。
・自然素材を多用し、100年もつ健康住宅。

<設計のポイント>
・セルローズファイバー断熱工法で断熱だけでなく、防音、防虫、耐火にも効果を。
・建築基準法の斜線制限による形態と、3階建木造の耐震性の両立。
・自然採光、自然通風を最優先に配慮した配置計画。
・1つの山の木で家を建てる。構造材にはFSC認証材、高知県梼原町の杉、桧を使用。
・白蟻対策として点検が容易な床下構造。

<設計者のコメント>

平成17年11月より設計スタートした新築計画ですが、5月の連休明けに既存住宅の解体工事の着手、その後、基礎工事、木材の加工工程を経て、お盆前に無事上棟式が終了しました。構造見学会では断熱材の状況も合わせてみていただきました。

今回の住宅は、2世帯3世代住宅をローコストで実現させることが至上命題。
木造3階建構造を採用し、各世代のご要望をコンパクトに収めることに腐心しました。
古い街道沿いの町並みに対して、3階建てのボリュームを感じさせない配慮も行いました。

構造材は、高知県梼原町の杉、桧を中心に採用、3階建ての構造強度の観点から梁は米マツを使用し適材適所の設計をおこないました。

所在地
堺市東区
地積
105・55m㎡(31・98坪)
建築面積
75・80㎡ 建築面積の敷地面積に対する割合 64・94%
延べ面積
154・67㎡ 延べ面積の敷地面積に対する割合 132・51%
階数
3階 (1階 69・98㎡ 2階 63・40㎡ 3階 21・29㎡)
工法
木造在来軸組
断熱
セルローズファイバーZ工法
屋根
セメント瓦葺 1部ガルバリウム葺
外壁
防火サイディング 防火構造

<家造りに関わったスタッフ>
プロデュース:NPO《いい家塾》塾長 釜中 明
設計監理:時愉空間 一級建築士 山田 哲也
建築施工:株式会社 山本博工務店
断熱:有限会社 Zテクニカ
木材供給:FSC認証 梼原町森林組合