大阪・茨木市 S邸 吹き抜けがあるアトリエのある家

「吹き抜けがあるアトリエのある家」

大阪・茨木市 S邸の外観
<コンセプト>
絵画教室などを開く事ができるアトリエをつくること
趣味のコレクションなどの収納などを確保する
自然素材を生かした仕上げ

<設計のポイント>
①吹き抜け空間が耐震的に弱くならないように構造計画を行った
②大きな屋根で日射遮蔽や小屋裏空間の確保を行った
③風通しを考えた窓の配置を行い春〜秋まで気持ちの良い空間となるように配慮した

<設計者のコメント>
道路より少し高くなった高低差のある敷地ですが、
高い方に合わせて1階を設定して、デッキテラスをつくり庭と繋げました。
アトリエの空間は吹き抜けをつくり、大人数でも楽しく過ごせる場所としました。

大阪・茨木市 S邸の内観
大阪・茨木市 S邸の内観
大阪・茨木市 S邸の内観
大阪・茨木市 S邸の内観
所在地
大阪府茨木市
敷地面積
248.33㎡ 75.23坪
建築面積
136.21㎡ 41.21坪
階数
2階
工法
在来軸組工法
断熱
セルローズファイバー
屋根仕上げ
ガルバリウム鋼板縦はぜ葺き
外壁仕上げ
モルタルの上左官仕上げ

<家造りに関わったスタッフ>
プロデュース:一般社団法人《いい家塾》塾長 釜中 明
設計監理:胡桃設計 木津田秀雄
建築施工:株式会社 岩鶴工務店
断熱:有限会社 Zテクニカ
木材供給:FSC認証 高知県梼原町森林組合